< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 事例集 > 事例12:貸金返還請求訴訟と債務整理


消費者金融2社から合計110万円借金をしています。現在,アルバイトの仕事をしていますが,3か月前に肺炎になり,入院したため,仕事をやめました。すでに退院しており,現在求職中です。収入がなくなったことと入院費用がかかったことからこの3か月借金を返済していません。消費者金融から何度も電話がありましたが,電話に出ませんでした。すると,昨日,簡易裁判所から訴状が届きました。当該訴状の内容は,消費者金融の1社の貸金の返還請求でした。どうしたらよいでしょうか。

⇒現在求職中で収入がなく,消費者金融が貸金返還請求訴訟を提起してきたとのことなので,何らかの債務整理の手続きが必要になると思います。

すぐに仕事が決まる見込みがあり,任意整理の手続きをとって借金を返済していくのであれば,簡易裁判所に出廷し,分割払いの和解をするのが有効だと思います。

当面仕事が決まる見込みがなく,破産手続きをとることを希望するのであれば,貸金業者と交渉すれば訴えを取り下げてくれることもあります。

まずは弁護士にご相談ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 事例12:貸金返還請求訴訟と債務整理
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
事例12:貸金返還請求訴訟と債務整理債務整理解決.com