< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 事例集 > 事例15:破産手続きと保険


現在,カード会社からの借入が100万円,ショッピングに債務が20万円あります。毎月の返済が困難なため,破産手続きを取ろうと思います。ただ,2つの生命保険に加入しており,それらの解約返戻金が25万円と20万円の合計45万円あります。現在,年齢が63歳であり,今後,新たに保険に加入するのは難しい状況なので,それらの1つ(解約返戻金が25万円の保険)を維持したいのですが,可能でしょうか。

⇒2つの保険の解約返戻金の合計金額が20万円を超えているため,原則として両方の保険を解約して45万円を破産財団に入れなければなりません。ただし,1つの保険(解約返戻金が25万円の保険)を維持して,それを解約すれば発生するはずであった25万円を誰かに援助してもらって,1つの保険を解約して発生した解約返戻金20万円との合計45万円を破産財団に組み入れれば,保険1つを維持することも可能です。さらにいえば,誰かに45万円支援してもらい,それを破産財団に組み入れれば保険を両方維持することも可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 事例15:破産手続きと保険
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
事例15:破産手続きと保険債務整理解決.com