< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 事例集 > 事例16:破産手続と退職金


現在,借金が消費者金融3社とカード会社1社で合計約300万円あります。

2年ほど前から借入を始めました。特に資産はないのですが,勤務先に退職金制度があります。

現在勤続13年で退職金規定をみると,現時点の退職金見込額は320万円です。

毎月の返済が困難な状況になっており,破産手続きをとろうと思うのですが,問題はありますか。

⇒現時点で退職したと仮定した場合の退職金支給見込額の8分の1相当額が20万円を超える時,当該退職金見込額の8分の1相当額を破産管財人に引き継がなければなりません。

本件においては,現時点の退職金見込額は320万円の8分の1(40万円)が20万円を超えているため,40万円を破産管財人に引き継がなければなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 事例16:破産手続と退職金
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
事例16:破産手続と退職金債務整理解決.com