< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 事例集 > 事例18:破産の免責決定後のダイレクトメール


先日破産手続きを行い,免責決定を得ました。やっと借金がなくなったと思って安心していると,見たことのない業者からお金の借入をしないかというような内容のダイレクトメールが自宅に郵送されてきました。当該業者に私は住所を教えたことはありません。なぜこのようなダイレクトメールが私の住所を知らないはずの業者から届くのでしょうか。

⇒破産の免責決定が出ると官報に破産者の氏名,住所等が公告されます。官報とは国立印刷局が発行している刊行物です。本件においては,おそらく当該官報を見て,ダイレクトメールを送ったものと推測されます。破産手続き後,このようなダイレクトメールを見て借入をなさらないようご注意ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 事例18:破産の免責決定後のダイレクトメール
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
事例18:破産の免責決定後のダイレクトメール債務整理解決.com