< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 事例集 > 事例19:ショッピング枠の現金化と破産手続


現在消費者金融とカード会社それぞれ1社に借入があります。消費者金融は上限まで借入を行っており,これ以上借入できませんでした。カード会社については,ショッピングのみの利用契約でしたが,どうしてもお金が必要になり,ショッピング枠の現金化を行ってしまいました。ショッピング枠の現金化についての看板を街で見かけて話を聞いてみようと思って行ってみたところ,勧められるままにショッピング枠の現金化を行いました。

数か月後,借金の返済ができなくなり,破産手続きをしたいと思うようになりました。

破産手続きにおいて,免責はおりますか。

⇒一般的にショッピング枠を現金化する行為は違法となりますので行ってはなりません。これは破産手続きにおいては免責不許可事由に該当します。ただし,程度問題もありますがこのような場合でも免責が下りる可能性は十分にあります。

免責の点で強く不安があり,破産を避けたい場合は,個人民事再生手続きを選択するという方法もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 事例19:ショッピング枠の現金化と破産手続
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
事例19:ショッピング枠の現金化と破産手続債務整理解決.com