< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 事例集 > 事例22:破産手続きと携帯料金の未払い


金融機関からの借入が総額で180万円と携帯電話の未払い債務が5万円あります。現在携帯電話は使用中止になっています。破産手続きをとりたいのですが,何か問題はありますか。

⇒携帯電話の未払い分を破産手続きで消滅させると,今後携帯電話を新しく作ることができなくなる可能性があります。携帯電話会社間で情報の共有化がなされているため,未払いがあった携帯電話会社だけでなく,その他の携帯電話会社の携帯も作れなくなるおそれがあります。弁護士にご相談ください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 事例22:破産手続きと携帯料金の未払い
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
事例22:破産手続きと携帯料金の未払い債務整理解決.com