< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 事例集 > 事例26:破産手続と個人民事再生手続の違い

破産手続と個人民事再生手続の違い
Q:債務整理をしたいのですが、破産手続と個人民事再生手続のいずれの手続にする
か迷っています。それらの違いについて教えてください。

破産手続とは、破産法に基づいて、裁判所に申立てを行い、通常の生活をするために
必要な最低限度のものを除いた自己の財産を債権者に分配して、自己の債務を免除し
てもらう手続をいいます。原則として、破産手続によって免責決定が得られると、一
部(税金・社会保険料・養育費・罰金等)を除いて債務が消滅します。
破産の場合、①官報に名前等の個人情報が公表される、②破産手続中は一定の職業に
つけない、③破産手続中は原則として郵便物が破産管財人に転送される(管財事件の
場合)、④再度の破産は、原則として7年間できない、⑤市町村の破産者名簿及び市
町村で発行される身分証明書に免責許可決定が出るまで記載される等の問題点があり
ます。
個人再生手続とは、民事再生法に基づいて、裁判所に申立を行い、債務の一部につい
て将来の収入から原則として3年の分割弁済を行い、その他の債務については免除さ
れる手続をいいます。すなわち、再生計画を作成し、裁判所からその認可を受けて、
その再生計画に従って分割弁済すれば残余の債務がカットされます。
再生債務の上限は5000万円であり(原則住宅ローンは除く)、それを超えると原
則として個人再生手続は利用できません。
個人再生の場合、官報に名前等の個人情報が公表される点については破産と同じです
が、手続中に一定の職業につけないということはありません。手続中に郵便物が転送
されることもありません。市町村の破産者名簿及び市町村で発行される身分証明書に
記載されることもありません。
破産は、一部の債務(税金・社会保険料・養育費・罰金等)を除いて債務が消滅する
のに対して、個人再生は税金・社会保険料・養育費・罰金等の他にも債務が残ります
ので、いずれの手続も選択できる場合は破産を選択することが多いです。
では、どのような場合に個人再生手続が選択されるのでしょうか。いくつか具体例を
示します。
まず、自己破産手続の場合は免責不許可事由というものが存在し、債務の発生原因が
問題となります。すなわち、ギャンブル等で借金を作ってしまった場合、免責不許可
事由に該当し、借金が免責されない可能性があるということです。だたし、現実的に
は免責不許可事由に該当しても、多くの場合で裁判所の裁量で免責になります。そこ
で、借金の原因がよほどひどいギャンブルや浪費であった等は、自己破産手続におい
て免責不許可となることを回避したい場合が生じ得ます。個人再生手続では借金をし
た理由は問われませんので、このような場合は破産を回避して個人再生手続を選択す
ることも選択肢の1つになります。
次に、2度目の破産は7年間は原則としてできません。過去7年以内に自己破産をし
たが再度借金を作ってしまった場合、自己破産を回避して個人再生手続を選択するこ
とがあり得ます。
また、破産手続中は就けない職業があるため、このような職業に就いている方は、個
人民事再生手続を選択する意義があります。
貸金業者等に対する債務の他に住宅ローン債務が残っており、当該住宅を守りたい場
合は個人民事再生手続を選択する意義があります。自己破産手続の場合は、住宅ロ
ーンの支払いをストップしなければならないため、住宅を失う可能性が高いのに対し

て、個人民事再生手続の場合、住宅資金特別条項(住宅ローン特別条項)を使えば、
住宅ローンの返済をしながら個人再生手続が可能となります。
住宅以外でも守るべき財産がある場合、個人再生手続をとる意義があります。例え
ば、資産価値がある自動車を保持した場合、破産手続であれば処分しなければならな
い可能性が高いのに対して、個人再生手続では資産を保有したまま手続をとり得ます
(ただし、この場合は破産手続でも当該資産価値に匹敵する現金を破産財団に積み立
てれば、資産を保有し得ます)。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 事例26:破産手続と個人民事再生手続の違い
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
事例26:破産手続と個人民事再生手続の違い債務整理解決.com