< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 事例集 > 事例27:身に覚えのない貸金返還請求が来た場合の対応

Q:身に覚えのない貸金返還請求が来た場合の対応
全く知らない消費者金融会社から150万円の貸金の返還請求の督促状が来ました。
私はこのような借金をしたことはありません。どうしたらよいですか。

ある消費者金融から借入している場合、当該貸金債権が別の消費者金融に債権譲渡さ
れたり、別の消費者金融によって代位弁済されたりする等の可能性があります。その
ような事情の有無を確認する必要があります。
そのような事情がない場合、請求してきた消費者金融会社に対して、請求してきた根
拠を確認する必要があります。消費者金融がお金を貸す際には、通常、消費貸借契約
書を交わしますので、それが存在するかの確認が必要です。
それでは、仮に消費貸借契約書が存在し、それに貴方の名前で署名してあるが、貴方
が署名していない場合(貴方の書いていない場合)、どうすればよいでしょうか。
消費貸借契約は、当該消費者金融会社と貴方の間で成立するものですので、貴方が借
入の意思表示をしておらず、他人が貴方の許諾を取らずあなたに無断で署名したもの
である場合、当該消費者金融会社と貴方の間に消費貸借契約は成立していません。
しかし、この場合、当該消費者金融会社は訴訟を起こしてくる可能性があります。訴
訟を起こされた場合は、法廷に出廷して、貴方が契約をしていないこと、契約書に記
入したのは貴方ではないこと等を主張しなければなりません。訴えを起こされたまま
放置すると、ほとんどの場合敗訴してしまいます。
また、自ら訴訟を起こして債務不存在の確認をするという手段もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 事例27:身に覚えのない貸金返還請求が来た場合の対応
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
事例27:身に覚えのない貸金返還請求が来た場合の対応債務整理解決.com