< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 事例集 > 事例8:破産手続きと連帯保証人

銀行からの借入が200万円ほどあります。失業したため返済が困難になりました。本件債務については,父親に連帯保証してもらっています。派遣での仕事をしていますが,最近派遣の仕事になかなか入れず,収入が安定しません。返済が困難なため,破産手続きを取りたいのですが,父親に迷惑をかけない方法はありますか。
⇒銀行からの借入についてお父さんが連帯保証しているとのことなので,お父さんも200万円を支払う義務を負うことになります。銀行はいつでもお父さんに債務の支払いを請求することが可能ですので,お父さんに請求がいかないようにすることは原則として困難と言わざるをえません。お父さんが当該債務の支払いが困難な場合は,お父さんも一緒に債務整理をする必要が出てきます。お父さんと一緒に弁護士にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 事例8:破産手続きと連帯保証人
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
事例8:破産手続きと連帯保証人債務整理解決.com