借金問題を解決する方法として、大きく分けると、借金を減らして返していく方法
(任意整理・個人再生)と借金を返さない方法(自己破産)があります。
簡単にいうと任意整理は、違法な貸付が行われた部分につき、借金を減らしてから、将来利息をカットして返していく手続きです。
裁判所は使わず、弁護士が債権者と直接交渉して和解します。


  • ■借金を返したい! 返済の意思がある方
  • ■持ち家を守りたい、という方
  • ■定期的な収入がある方
  • ■例えば、5社の債権者のうち、4社だけ債務整理したい・・・ということも場合によっては可能です。
具体的にどんな場合に債権者を選んで任意整理できるの?
 


【1】お客様と弁護士が契約します。
自分が借りている会社がよくわからない場合は?
【2】弁護士が債権者に受任通知を送付します。
受任通知って何ですか?
【3】原則として、債権者と和解が成立するまでは債権者への返済はストップします。
弁護士費用について分割払いを希望する場合は、返済がストップしている間に分割払いをします。過払金の発生が見込まれる事案については、分割払いはせずに回収した過払金から支払うことも可能です。
弁護士費用の支払方法について
【4】弁護士が債権者からお客様の借入の履歴を取り寄せます。(取引履歴の開示請求)
■取引履歴って何ですか?
■取引履歴を取り寄せるのにかかる 期間は?
【5】弁護士がお客様の履歴を法律で決まった利息で再計算し、最終的な借金の総額を算出します。
利息制限法で定められた利率を超える高利息で長年返済している場合は、借金が膨大に減ったり、なくなったり、過払金が返還されたりすることがあります。
■再計算はどうやってやるの?
■どんなときに借金がなくなったり、過払金が発生したりするの?

■なぜ貸金業者等は利息制限法を超える貸付をこなっていたの?
【6】適法な利率で計算しなおした借金の残額について、お客様が支払可能な月々の返済金額を弁護士が債権者に提案し交渉します。
■任意整理後の返済の期間は?
【7】交渉がまとまると和解契約書を交わします。これで弁護士業務は終了となります。お客様には完済するまで和解契約書に基づいて月々のお支払をお願いします。
■和解契約書ってどんな内容なの?
■和解成立後に返済を怠るとどうなるの?
  • 月々の支払いが楽になります。
  • 和解した額を払い続ければ、和解した後の利息は取られないため、もう利息が膨らむことはありません。
  • あとは、月々支払いできる決まった額を計画的に返済していくだけ!


      • 債務整理の相談は無料です。
      • 報酬は、分割もご相談に応じます。無理のない範囲でのご提案を致します。
      • 当事務所では、過払金取り戻しについては、無料相談、契約時に費用一切いただいておりません。回収した過払金の中から精算致します。
      • 当事務所では、お客様の相談を非常に重視しており、30分などと時間を区切らず納得のいくまで充実した法律相談を行うようにしています。弁護士に話したいことが終わっていないのに相談時間が30分なので打ち切ります、ということはありません。
      • 当事務所は、債務整理手続においてお客様の希望を最優先しています。原則として、破産を希望するお客様に無理に任意整理を押しつけたり、また、破産を回避したいお客様に無理に破産を押しつけることもありません。
      • 弁護士が親身になって問題解決してくれるので、債務整理手続が終了しても他の問題のご相談をいただくことが非常に多いんです。
      • ■債務整理の経験が豊富な弁護士を選ぶこと
弁護士にも得意分野がそれぞれあります。
債務整理の経験が豊富な事務所には債権者と交渉するための債権者ごとの大量のデータ・ノウハウがあり、スムーズな交渉が行えます。
場合によっては、破産しなくてすむ方もいます。
      • ■安易な和解をしない弁護士を選ぶこと
お客様一人ひとり事情は違います。
お客様一人ひとりのために必死に業者と交渉をしてくれる弁護士を選ぶべきです。
弁護士事務所ごとに債権者は和解基準を持っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 任意整理とは
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
任意整理とは債務整理解決.com