< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 債務整理とは? > 任意整理とは > 任意整理のデメリット > ブラックリストって?

ブラックリストとは,民間の信用情報機関が作成する個人の信用情報を記載したデータベースのことをいいます。債務整理をするために弁護士が代理人として介入する場合等において,このブラックリストに当該情報が登録されます。このブラックリストに登録されると,一定の期間、借金をしたり,ローンを組んだり,クレジットカードを作ったり,連帯保証をしたり等ができなくなるおそれがあります。金融機関等が貸付け等を行う際に与信調査をしますが,その際にブラックリストに載っていることを参考にするということです。登録される期間は,あくまで明確に決まっているわけではありませんが,5年~10年程度と言われています。
このブラックリストに載ることは,債務整理をするデメリットということになります。ただし,弁護士に依頼しなくても債務の支払いが滞るとブラックリストに載る場合がありますので,債務が滞りがちな場合は弁護士受任以前にすでにブラックリストに載っている可能性があります。


任意整理のページへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ブラックリストって?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
ブラックリストって?債務整理解決.com