< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 債務整理とは? > 任意整理とは > 任意整理のデメリット > 債権者が訴訟を起こして来たらどうしたらいいの?

貸金業者等から借入をしてその支払い滞ると,貸金返還請求訴訟を提起される可能性があります。借金の支払を滞れば,弁護士に債務整理を依頼していなくても訴訟を提起されるおそれがありますし,弁護士に任意整理を依頼すれば当該債権者については支払いをストップすることになりますので,訴えを提起されるおそれがあります。
任意整理の途中で貸金業者等から訴えを提起された場合は,弁護士が依頼者であるお客様に代理して裁判所に行きます。当該訴訟の中で和解を結ぶ方向で進めていくのが一般です。分割での支払を認めてくれる貸金業者等が多く,多くの場合で分割払いの和解が成立します。万が一,和解が成立しない場合は,一括で借金を返済しない限り,お客様の財産の差押を受ける危険性があります。例えば,お客様の銀行預金や自動車,給与等の財産です。ただし,金融機関がお客様の財産の所在を把握していなければ差押は困難です。例えば,給与の差押をするのであれば,債権者の方でお客様の勤務先を把握している必要があります。
仮に財産の差押を受けた場合に差押えを解除するには,全額返済するか,又は自己破産や個人民事再生の申立を行って開始決定を受けることが必要となります。


任意整理のページへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 債権者が訴訟を起こして来たらどうしたらいいの?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
債権者が訴訟を起こして来たらどうしたらいいの?債務整理解決.com