< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 債務整理とは? > 個人再生とは > 取引履歴って何ですか?


貸金業者等が、お客様への貸付日・貸付金額、お客様からの返済日・返済金額等の情報を時系列に沿って記録したものです。簡単にいうと、お客様と貸金業者等との過去の取引の経過を一覧にしたものです。
弁護士がお客様の債務整理手続を受任し、貸金業者等に受任通知を送付して介入すると、一般的に貸金業者等は取引履歴を提出してきます(ただし、ヤミ金業者等の一部の悪質な業者は、取引履歴を提出しないこともあります)。
この取引履歴をもとに個人再生手続を進めます。貸金業者等から提出された取引履歴について利息制限法の利率に基づいて引き直し計算を行い、残債務を算出します。この残債務によっては、個人再生手続から任意整理等に変更になる場合があります。
具体的には、引き直し計算の結果、複数社で過払金が発生して、残債務を上回るということになれば、個人再生手続を行う必要性がなくなります。すなわち、発生した過払金を回収して残債務の支払いにあてれば借金がなくなり、法的手続をとる必要がありません。
また、当初引き直し計算による借金の減額を期待して個人再生手続を選択したが、意外に減額が少なく、個人再生による返済が困難だと発覚するケースもあり得ます。
以上のように、引き直し計算の結果次第で手続が変更になる可能性があるということです。当事務所では、引き直し計算の結果によって手続が変更になる可能性が高い場合、最初は任意整理で受任して、引き直し計算の結果を受けてお客様と協議して手続を個人再生や破産に変更する場合が多いです。
個人再生のページへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 取引履歴って何ですか?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
取引履歴って何ですか?債務整理解決.com