< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 債務整理とは? > 自己破産とは > 自己破産のデメリット > 市町村の破産者名簿及び市町村で発行される身分証明書に記載されるってどういうこと?

破産したことは市町村の破産者名簿及び市区町村で発行される身分証明書に記載されます。
破産者名簿とは破産者の本籍地の市区町村に備えられている名簿で,当該名簿に記載があれば身分証明書を発行した際,自己破産したことが記載されます。ただし,破産者名簿に記載される期間は,自己破産手続開始決定から免責確定までの数か月間で,免責許可決定が確定すると破産者名簿からの当該記載は抹消されます。個人破産の場合,多くの場合で免責が許可されていますので,免責許可決定が確定すれば破産者名簿からの記載は抹消され,身分証明書にも記載がなくなります。すなわち,市町村の破産者名簿及び市町村で発行される身分証明書に記載されるのは,免責決定が出るまでの間だけということです。

自己破産のページへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 市町村の破産者名簿及び市町村で発行される身分証明書に記載されるってどういうこと?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
市町村の破産者名簿及び市町村で発行される身分証明書に記載されるってどういうこと?債務整理解決.com