< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 債務整理とは? > 過払金返還請求とは > どんなときに多額の過払金が発生するの?

どれくらいの額の過払金が発生するかは、貸金業者等の貸付利率の高さ、当該業者への返済の期間の長さ、毎月の返済額等で決まります。すなわち、貸付利率が高くて、返済期間が長くて、毎月の返済額が多いと過払金が発生しやすくなります。
かつて多くの貸金業者は、利息制限法で定められた利率を超え、出資法の定める当時の上限金利である29.2%以内で貸し付けを行っていました。借入金利が上限金利の29.2%に近ければ近いほど過払金が発生しやすくなり、発生した場合もその額が多くなります。
また、利息制限法を超える高金利で借入・返済が行われていた期間が長ければ長いほど過払金が発生しやすくなり、発生した場合もその額が多くなります。一般的には、利息制限法を超える高金利で借入・返済が行われていた期間が20~30年を超えるような場合、多額の過払金が発生する可能性が非常に高くなります。
さらに、毎月の返済額が多ければ多いほど返済していた総額が多くなり、過払金が発生する可能性が高くなります。
これまでに多額の過払金の返還があるとは全く想像していないお客様から、事件の依頼を受けたケースが何度もありました。過払金がちょっとでも戻ってくればいいという気持ちで依頼した場合でも、思いがけず数百万単位の過払金が返還されたことも少なくありません。貸金業者等からの借入を完済された方は、まずは弁護士に御相談ください。

過払金返還請求のページへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - どんなときに多額の過払金が発生するの?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
どんなときに多額の過払金が発生するの?債務整理解決.com