< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 債務整理とは? > 過払金返還請求とは > 裁判上の和解って何? > 裁判上の和解が成立したときに作成される和解調書の一例(和解条項の部分)

和解条項

1 被告○○(貸金業者名、以下「被告」という。)は、原告○○(お客様の氏名、以下「原告」という。)に対し、本件和解金として、215万円の支払義務があることを認める。
2 被告は、原告に対して、前項の金員を、平成23年4月30日限り、原告代理人○○名義の普通預金口座(口座番号○○)に振り込む方法で支払う。
3 被告が前項の金員の支払を怠ったときは、被告は、原告に対し、第1項の金員から既払金を控除した残金及びこれに対する平成23年5月1日から支払済みまで年5パーセントの割合による遅延損害金をただちに支払う。
4 原告は、その余の請求を放棄する。
5 原告と被告は、原告と被告との間には、本件に関し、本和解条項に定めるもののほか、何らの債権債務がないことを相互に確認する。
6 訴訟費用は各自の負担とする。

・・・以下省略・・・

過払金返還請求のページへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 裁判上の和解が成立したときに作成される和解調書の一例(和解条項の部分)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
裁判上の和解が成立したときに作成される和解調書の一例(和解条項の部分)債務整理解決.com