< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 債務整理とは? > 過払金返還請求とは > 過払金の消滅時効って?

過払金が発生しても、一定期間、過払金返還請求権が行使されない場合、当該請求権は消滅します。これを消滅時効といいます。過払金返還請求権のような債権の消滅時効は10年間です。借金の最終返済日から10年を経過すると時効期間を経過します。過払金返還請求権が消滅するためには、10年を経過するだけでは不十分であり、過払金を支払う義務のある貸金業者等が時効完成を主張しなければなりません。これを時効の援用といいます。
借金の最終返済日から10年を経過した過払金返還請求権を行使しても、一般的に相手方である貸金業者等は時効の援用をしてきますので、過払金を返還させることは困難です。
そこで一刻も早く過払金返還請求をする必要性が生じます。

過払金返還請求のページへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 過払金の消滅時効って?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
過払金の消滅時効って?債務整理解決.com