< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 法律用語集 > 債務名義

強制執行によって実現される債権の存在・範囲・債権者・債務者を公的に表示した文書のこと。強制執行を行うには,債務名義が必要となる。
債務名義の一例としては以下のものがある。
1 確定判決
2 仮執行の宣言を付した判決
3 仮執行の宣言を付した支払督促
4 和解調書,調停調書
5 執行認諾文言付公正証書(執行証書)
cf
強制執行とは,裁判所に手続きをすることで債務者の財産を強制的に処分し,その換価代金から債務の弁済を受ける手続きのことである。
cf
仮執行宣言とは,財産権上の請求権に関する判決等において,判決が確定する前であってもその判決に基づいて,仮に強制執行できる旨の裁判のことをいう。
cf
支払督促とは,金銭,有価証券,その他の代替物の給付に係る請求について,債権者の申立てにより,その主張から債権者の請求に理由があると認められる場合に,裁判所書記官が支払督促という債務名義を発する手続のことをいう。債務者が2週間以内に異議の申立てをしなければ,裁判所は,債権者の申立てにより,支払督促に仮執行宣言を付さなければならず,債権者はこれを債務名義として強制執行の申立てをすることができる。
cf
和解調書とは,訴訟上の和解が成立した際にその和解を調書に記載したものをいう。当該和解調書は確定判決と同一の効力を有しており,債務名義となる。
cf
執行認諾文言付公正証書(執行証書)とは,金銭の一定の額の支払又はその他の代替物若しくは有価証券の一定の数量の給付を目的とする請求についての公正証書で,債務者が直ちに強制執行に服する旨の陳述が記載されているものをいう。それ自体が債務名義となるため,債務の支払いを遅滞すれば裁判手続き等を経ることなく強制執行が可能となる。


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 債務名義
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
債務名義債務整理解決.com