< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 法律用語集 > 合意解除

契約当事者の合意によって,契約を解除することをいう。
法律の規定や契約によって解除権が発生しなくとも,当事者の合意で解除できる。原状回復(契約前の状態に戻すこと)をどうするかについても当事者の合意で定めることができる。


cf
解除とは,一方当事者の意思表示により,契約の効果を遡及的に(さかのぼって)消滅させることをいう。解除により,契約は当初から存在しなかったのと同一の法律効果が生じる。したがって,契約当事者は,原則として原状回復義務(契約前の状態に戻す義務)を負う。
例えば,指輪の売買契約が解除された場合,売主は受領した代金を返還する義務を負うし,買主は受領した指輪を返還する義務を負う。売主と買主は,原則として代金の返還と指輪の返還を同時に履行する義務を負う。
解除権(解除する権利)は,民法等法律の規定によって発生する場合,契約により発生する場合がある。
いったん解除の意思表示をすると,当該意思表示を撤回することができない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 合意解除
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
合意解除債務整理解決.com