< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 法律用語集 > 時効

時効とは,一定期間継続した平穏な事実状態に即した一定の法的効果を認めることをいう。
民法上の時効制度としては,消滅時効と取得時効がある。
cf
消滅時効とは,ある権利が一定期間行使されない場合,その権利を消滅させる制度をいう。債権の消滅時効は10年,債権又は所有権以外の財産権の消滅時効は20年である(民法167条)。
民法167条  
1  債権は,十年間行使しないときは,消滅する。
2  債権又は所有権以外の財産権は,二十年間行使しないときは,消滅する。

取得時効とは,一定期間継続して,所有の意思をもって,平穏,公然と他人の物を占有した場合に,当該物の所有権取得を認める制度である。
民法162条  
1  二十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。
2  十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得する。



このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 時効
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
時効債務整理解決.com