< ? php if ( function_exists ( 'bcn_display') ) { bcn_display();}?>
Home > 法律用語集 > 相殺

2人が互いに同種の目的を有する債務を負担し合っている場合で,双方の債務が弁済期にある場合,両当事者がその対当額について当該債務を消滅させること(民法505条)。

民法505条  第1項 二人が互いに同種の目的を有する債務を負担する場合において,双方の債務が弁済期にあるときは,各債務者は,その対当額について相殺によってその債務を免れることができる。ただし,債務の性質がこれを許さないときは,この限りでない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 相殺
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
相殺債務整理解決.com